住宅ローンの基礎「住宅ローンの供給チャネル」



住宅ローンの供給チャネル。どれにする?あなたに合った融資元。あなたにあった融資元をFPがお教えいたします。
住宅ローンの供給チャネルについて

民間金融機関、公的ローン、勤務先、自治体など住宅ローンを融資してくれるところはたくさんありますが、「どこで融資を受けるのが一番いいだろう?」と悩むことも多いはず。

ここではそれら融資元の情報や事前知識を付け、自分に合った融資元を選び、安心して融資を受けるための知識をご紹介します。
それぞれにメリット・デメリットがあるので、よく考えて決めてみて下さい。

お得な情報を随時更新!

民間金融機関と言えど、その種類と数は豊富です。その中で自分に合ったものを探していくわけですが意外と数行回って決定してしまう人も多いです。民間金融機関にはどういった種類があるのかここで知ってもらい、検討する際の参考にしましょう。


[ 続きを読む ]

住宅金融支援機構では住宅ローンの証券化支援業務を行い、民間金融機関と共同でフラット35という商品を提供しています。フラット35を検討している人は住宅金融支援機構という名を見たことがあると思いますが、ここではその住宅金融支援機構について簡単に解説をしています。

[ 続きを読む ]

財形住宅融資を聞いたことはあるけどよくわからないと言う方は多いのではないでしょうか。財形貯蓄制度を勤務先が取り入れている場合、大いに利用価値がある融資制度です。財形住宅貯蓄と財形住宅融資の関係について理解を深め、積極的に活用しよう!

[ 続きを読む ]

新しく住宅の取得・購入を検討するときに必ず見ておきたい自治体ローンですが、自治体ホームページで概要や説明を見ることができます。引っ越し先の検討に自治体の融資制度を考慮することでより賢く家を購入できます。但し、条件もあるためここでは仕組みやかんたんな制度内容をご紹介します。

[ 続きを読む ]

公務員や上場企業に導入例が多い会社の融資制度ですが、住宅購入を検討している会社員や公務員であれば利用価値は高いものになっています。ここでは融資制度の概要と窓口、私のオススメなどもご紹介しております。

[ 続きを読む ]