住宅ローンの基礎「最近の住宅販売事情」



最近の住宅販売事情「市場動向から見るみんなの住宅需要」
最近の住宅販売事情について

「今住宅がとても売れているというけど、どんな家が売れてるんだろう」と周りがどんな住宅を購入しているか気になりますよね。

ここでは数々の統計から新築と中古の販売傾向を知ることで「世間がどのような住宅を購入しているのか」、「新築を考えていたけど中古もいいかもしれない」
というように、データから読み取り、住宅購入の視野を広げるための知識をまとめています。

お得な情報を随時更新!

新築住宅の市場動向を探るには国土交通省が発表している「あるもの」が参考になります。種類別にどれくらいの建設がされたか、そしてそのグラフを見ることで過去の住宅市場の歴史がわかります。そして2013年の動向を抑えて、2014年に住宅を購入される方の参考となるよう解説致します。

[ 続きを読む ]

中古住宅は価格が何と言っても新築より安いことや、昔ながらの雰囲気ある家に住みたい方などに大変人気です。中古住宅はもう建ってしまっているものなので、統計では成約件数での比較になります。時代に応じてどのように成約件数の変化があるのか見て行きましょう。

[ 続きを読む ]

過去の市場動向も然ることながら、これからの住宅市場がどのように推移していくのかも気になりますよね。ここでは過去のデータと今の政治や経済から未来の動向を独自に分析、予想し、ご紹介していきます。一つの見方と捉えていただければと思います。


[ 続きを読む ]