住宅ローンで絶対に気をつける事



住宅ローンにはさまざまな手続き、種類(どう借りるか)、場所(どこで借りるか)、返済(どう返すか)、借換(どう見直すか)など多くの視点を持って検討する必要があります。
その中で絶対に気をつけるべきこと、また、こうしたら損をせずに済むという情報は多く存在します。ですが、難しい事柄や用語でよくわからないという方も多いのが事実です。
ここではそういった難しいように思う事を分かりやすく解説し、我々消費者が住宅ローンを利用する際この知識を実際に役立て、より豊かな新生活を送れるようまとめてみました。

  • 物件選び
  • 物件の決定
  • 住宅ローン手続き
  • 他手続き
  • 融資実行後

1.物件選び

住宅広告のチラシが投函されている事はありませんか?チラシにある返済例は現実味のない集客の為の数字です!

不動産仲介業者の仕組みと業界の裏を知る事で、物件選びの目を養おう!

2.物件の決定

物件を決める前に借入可能額を知り、購入予算を先に決めましょう!借入可能額は返済比率で算出できます

事前に気をつけておけば、返済が困難になるリスクもありません。予算の目安をあらかじ知っておこう!

3.住宅ローン手続き

住宅ローン商品はあなたの性格とも関係してくる!?性格によっては適さない金利タイプもあるので注意です。

住宅ローンの金利が適用されるのは申込日?融資実行日?住宅ローンの種類によって違いがあります。

2割の頭金が必要と言われる理由は?なぜ逆ざや物件はイケないのか

4.他手続き

売買契約書での住宅ローン特約は必ずチェックしておこう

5.融資実行後

延滞をする前に相談を!緊急時は2つの対処法で・・・